« 買っておかな、、、損するよ。。。 | トップページ | メディプローラーAA激安!業務タイプがお得です! »

天神祭と言うことで〜

天神祭と言うことで〜

KAORIちゃんも浴衣姿で仕事です。。。

毎年、夕方に店を閉め

我が家の屋上で、BBQをしながら

花火鑑賞でございます

先ほど、雨が降り始めましたが

夕方の天気予報は曇り。。。

スーパー晴れ男の意地を

見せ付けたいと思います。。。

遊びばかりでなく、たまにはウィキペディアより

日本三大祭の一つと呼ばれる天神祭のお勉強を。。。

天神祭は大阪天満宮が鎮座した2年後の天暦5年(951年

6月1日より始まったとされている。この時の祭事は大川より

神鉾を流して、流れ着いた場所に祭場を設けて、その祭場で

禊払いを行うというものであった。これが鉾流神事の元となり、

その祭場に船で奉迎したことが船渡御の起源となっていると

伝えられている。

天神祭は続いてきたが、日本三大祭の一つと呼ばれるようになるのは

江戸時代からである。安土桃山時代豊臣秀吉より催太鼓を拝領する。

寛永末期に祭場(御旅所)を雑喉場(ざこば)に定めたため鉾流神事が

取りやめられる。このころ陸渡御の起源となる地車が登場する。

慶安2年にでたお触書によると、多くの地車が争って宮入しようとするため

順番を決めさせたとある。寛文末期に御旅所が戎島に移転。

元禄時代になると御迎人形と呼ばれる2メートルほどの人形を船の穂先に

高く飾り付けるようになる。またこの頃より講が形成され日本三大祭りとして

呼ばれるようになる。この頃の天神祭の壮大さは

東海道中膝栗毛』や『世間胸算用』の中に見ることが出来る。

慶応元年、将軍徳川家茂長州征伐のため大阪城に入城したため、

天神祭は中止される。この年以降、維新の騒乱により明治4年に

復活するまで中止された。明治7年に船渡御が中止され、

本社営繕やコレラの流行のため明治14年に復活するまで再び

中止された(陸渡御のみ行っていた年もある)。それ以外でも

明治天皇の崩御や大川の水位が上昇したためなど度々

中止されることもあった。

昭和5年に食満南北(けまなんぼく)の提言により鉾流神事が復活。

昭和13年から昭和23年まで日中戦争第二次世界大戦の影響により

船渡御や祭事そのものが中止された。昭和24年に船渡御が復活するが

地盤沈下の影響で船が橋の下をくぐり御旅所に到着することが

困難になったため再び中止され、昭和28年に上流に遡る形になる。

昭和49年オイルショックの影響で船渡御が中止される。

昭和56年にギャルみこしが誕生。平成3年より水都祭と天神祭奉納花火が

合同で行われる。平成6年にブリスベンで天神祭斎行される。

平成17年、ギャルみこし誕生25周年イベントが行われた。

平成9年は台風の影響で、本宮が縮小され、平成12年は7月25日が

香淳皇后斂葬の儀の為、本宮が休みとなり翌日の7月26日に

振り替えで本宮が開催された。

« 買っておかな、、、損するよ。。。 | トップページ | メディプローラーAA激安!業務タイプがお得です! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天神祭の船渡御に参加しています

機会があったらまたどうぞ

この記事へのコメントは終了しました。

« 買っておかな、、、損するよ。。。 | トップページ | メディプローラーAA激安!業務タイプがお得です! »